YKS

お問い合わせはこちら

TEL:03-6712-9980

メールでのお問い合わせ

業務内容

保温工事

保温工事とは

保温工事とは、簡単に言ってしまえば、「冷たいものを冷たいまま、熱いものを熱いまま」運べるようにする、"熱を保つための工事"です。

具体的には、水道管や給湯管などの生活配管、暖かい空気や涼しい空気を送る空調用ダクトなどを「保温材」で包みます。管が屋外に出ている場合は、その上から板金でカバーをします(「ラッキング」と言います)。

保温工事の重要性・必要性

たとえばビルなどでは、冷房の冷たい空気は空調ダクトを通って、各箇所に送られます。その際に「空気の冷たさ」を保てなければ、遠いところでは「冷房の効きが悪い」ということになります。

このように、保温工事は「機器の働きを最大限発揮させる」ために必要不可欠なものなのです。他にも結露を防ぐなどの役目があり、あらゆる建築物に施工されています。

保温工事のメリット

保温工事の目的は、「熱の損失(吸収)を防ぐ」こと。これはつまり、空気や水を冷やしたり、熱したりするためのエネルギーを抑えることになります。

言い換えれば、さまざまなものの「効率を上げる」ということ。たとえば暖房や冷房なら、特定の室温にするための電力が少なくなるので、省エネにつながります。

ラッキング工事

保温工事を施したダクトが屋外などに露出した場合、雨等の影響を受けやすくなるため、さらに防水対策をしなければなりません。具体的には、カラー鉄板やステンレス等の金属板でカバーします。

ラッキング工事

サーモグラフィーを使用した熱損失調査

保温材や保冷材は、経年により性能が劣化し、保温効果や保冷効果が年数に応じて失われてきます。

ワイケイシステムでは、サーモグラフィーを使用した調査により、熱損失のある箇所を精密に検査します。それによって、効率的かつ効果的なメンテナンスのご提案を行うことが出来、より高い精度で省エネのニーズに応えることが可能です。

サーモグラフィーを使用した熱損失調査

断熱工事

断熱工事とは?

断熱工事は、一般家庭では「キッチンの排気ダクト」、ビル・マンションでは火災時に炎や煙を逃す「排煙ダクト」などに施されます。 その目的は、「火災時の安全を確保する」というもの。ビルであれば、排煙ダクトから火災を広げないように、また排煙ダクトを火災から守るために、断熱工事が必要となっています。

具体的には、断熱材をダクトに巻く工事となります。配管設備工事の業者でも断熱工事はできますが、専門家に頼んだ方が、仕上がりも費用も納得いくものになります。

断熱工事の必要性・重要性

排気ダクトへの断熱工事は、消防法でも義務付けられており、火災時の被害状況に大きく影響します。断熱材が劣化していたり、脱落していたら、被害の拡大は避けられません。 たとえば、1フロアにレストランが10軒入っているビルがあったとします。これらの厨房から延びる排気ダクトは、途中でひとつになり、1本の大きな排気ダクトになります。

断熱工事のメリット

上記で述べた内容と逆のことが、断熱工事のメリットになります。すなわち、「火災時の被害を最小限に抑えることができる」ということ。万が一の事態を迎えたとき、断熱工事の効果が確認できます。

人材育成

ワイケイシステムの人材育成

ワイケイシステム株式会社では、保温・断熱工事のみにとどまらず人材育成にも力を入れています。
業界では珍しい職業訓練制度を取り入れて新人はもちろん、中堅の職人の育成も行っております。
新人は現場に出た時に困らない様、しっかり訓練してから現場へ送りだします。
また、中堅の職人もスキルアップの為の教育も行っております。

ワイケイシステムの人材育成

特定労働者派遣事業

特定労働者派遣事業を展開し、CADオペレーターなどの人材派遣も行っております。
現在では、建設関係の現場監督として人材派遣しております。

特定労働者派遣事業

製品製造

自社工場での製品製造

足立区にあるワイケイシステム自社工場では、保温・断熱工事に欠かせない様々な製品の製造を行っております。保温材を保護するラッキング工事で使用する、バルブ・フランジ機器類カバーやゲタ等を製造しております。
また、グラスウールとアルミクラフト紙を亀甲金網で一体化させた亀甲金網付グラスウールロールも製造しております。
亀甲金網付グラスウールロールを使用すれば簡単に施工が出来、ゴミの少量化、保管場所も取らず良い事づくめです。

自社製品一覧

自社工場
製品製造
お問い合わせ

製品のご購入やサービスに関する
お問い合わせはお気軽に
ご連絡ください。

TEL:03-6712-9980

受付時間:8:30〜20:00 (日祝日除く)

メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ